1: きょーちゃん(っ´ω`c) 2016/07/09(土) 18:10:50.90 ● BE:547841423-PLT(23222) ポイント特典
テネシー・ウイスキーの有名ブランドである「ジャック・ダニエル」社は、今年で創立150周年になる。「ジャック・ダニエル」は、このウイスキー・メーカーの創始者だという事は広く知られている。
そして会社HPにも掲載されている公式ストーリーでは、このウイスキーのレシピは蒸留所のオーナーだったダン・コールという牧師が、若きジャック・ダニエルに教えたことになっている。

しかし実はこの公式ストーリーには隠された事実があることが、最近明らかにされた。レシピをジャック・ダニエルに教えたのはコールではなく、
黒人奴隷のニアリス・グリーンだったのだ。創立150年の今年、ジャック・ダニエル社はこの事実を公に認めた。
no title
奴隷であったグリーンの息子(赤丸、左)とその隣に座るジャック・ダニエル(赤丸、右)。グリーンの息子は父親からウイスキー作りの技術を教えられていた。またこの時代に黒人奴隷が創業者の隣りに座る事は珍しく、たいがいは最後列であった。 「Daily Mail」の記事より

■炭によって不純物を除去する技術が奴隷を通じてもたらされた
no title
「Telegraph」の記事より
米国では1640年度から1865年まで奴隷制度は合法化されており、アフリカ人とその子孫が白人に所有されていた。しかし、その悪名高い奴隷制度も1865年の米国合衆国憲法修正第13条成立によって終わりを迎えた。

この事実は長い間、世間から隠されてきたが1967年に書かれたジャック・ダニエルの伝記には、「アンクル・ニアリス(グリーンのあだ名)は私が知る中で最も優れたウイスキー作りだ」と言うコールの発言が記載されている。

no title
(画像はWikipediaより)
かつてウイスキー蒸留所で働く労働者のほとんどは奴隷で、売られた奴隷の記録を見ると彼らのウイスキー製造の技術は高く評価されていたことがわかるらしい。
しかし当時奴隷がもたらした貢献についてはほんの少ししか書かれておらず、どのように奴隷がアメリカのウイスキーを作ったかの手がかりは多くない。

つづく

2: きょーちゃん(っ´ω`c) 2016/07/09(土) 18:11:02.09 BE:547841423-PLT(22222)
sssp://img.2ch.net/premium/1931655.gif
ダニエルは自分の蒸留所を開くにあたって、グリーンの2人の息子を雇った。グリーンとその家族の持つ知識は蒸留所で重要な役目を果たしたという。その1例にジャック・ダニエルの伝統的な製法、「リンカーン・カウンティ・プロセス」がある。
これは深さ3メートルの巨大な槽に敷き詰められたサトウカエデの炭で、ウイスキーの原酒を濾過するものだ。そして、その工程を経ることによって、ウイスキーにわずかに甘い香りがつくという。

歴史の本では1825年にテネシーのアルフレッド・イートンがこの技術を発明したことになっている。しかし専門家は、奴隷が自分たちの飲む酒をこっそりと造るときに行っていた方法 ― 炭によって不純物を除去する ― に由来している形跡があるという。
したがってアメリカのウイスキー製造で使われる特定の方法は、ドイツや英国のものとは異なり、それはアフリカからもたらされた可能性が高いのだ。


■150周年を機に興味深いウイスキー開発の歴史を公表

ジャック・ダニエル社の社内歴史研究家ネルソン・エディは、「ニューヨーク・タイムズ」紙のインタビューに、グリーンの存在は実は以前から知られていたと話す。しかしなぜかグリーンと彼の家族の存在は、「ジャック・ダニエル」の歴史の中ですっかり隠されていた。

またグローバル・ブランド・ディレクターでジャック・ダニエルの蒸留所を60年間にわたって所有しているフィル ・ エップスは、社史からグリーンを省いたことは意図的ではないと語る。
しかし同時に1800年代の南部は非常に人種偏見が強かったので、ジャック・ダニエルが黒人から伝来された技術によって製造された酒だという事実をわざわざ公にしようとは思わなかったであろうとも話す。
エップスはその事実を知ったとき、これは我々にとって実は誇れることだと気づいたのだ。それはちょうど今年が150周年であるからだ。
ジャック・ダニエル社は今年創業150周年を迎えた節目で、この興味深い歴史を祝いたいと考えている。今後ジャック・ダニエルの蒸溜所見学ツアーには、グリーンの名前が付け加えられる。

ジャック・ダニエル社が今回、グリーンの存在を公表したのは社会問題や人種問題に敏感なミレニアム世代(1980年代から2000年代初頭生まれの若者たち)を惹きつける格好の材料だからだと批評する人々もいる。
しかしグリーンという一人の黒人奴隷が、アメリカのウイスキー製造に大きく関わっていたのは厳然たる事実である。今後もこのように多くの人の興味を引く隠された歴史が、次々と明るみに出ることが待ち望まれる。
ソース
http://tocana.jp/2016/07/post_10288.html

4: きょーちゃん(っ´ω`c) 2016/07/09(土) 18:13:19.44
白人の差別はよい差別

8: きょーちゃん(っ´ω`c) 2016/07/09(土) 18:20:48.33
ジャックダニエル、たまにすごく接着剤臭がキツいことがある

9: きょーちゃん(っ´ω`c) 2016/07/09(土) 18:21:14.28
テネシーとバーボンどうちゃうねん?

13: きょーちゃん(っ´ω`c) 2016/07/09(土) 18:24:09.77
>>9
バーボンがスパークリングワインだとすると、テネシーがシャンパンみたいな

14: きょーちゃん(っ´ω`c) 2016/07/09(土) 18:24:17.16
インディアンもウイスキー作りが旨かった
おそらく奴隷同士の友情があったとおもわれる

16: きょーちゃん(っ´ω`c) 2016/07/09(土) 18:29:06.60
ジャックダニエルってアルコールとは別にツーンと来る
樽出しとかも飲んだけど余り過ぎじゃないな
ワイルドターキー買うわ

6: きょーちゃん(っ´ω`c) 2016/07/09(土) 18:17:26.05
よい話だなあ